生きているということ

小室等が谷川俊太郎の詩に曲を付けた「生きているということ」以前から好きでしたが、最近あらためて詩をかみしめています。この数年身近な人の死に直面し、今また新たな問題を身近に抱えています。つくづく思います、人生は短い。今、出来るだけのことをしなければと、しかし毎日はただ怠惰に過ぎていきます。流されるのが人生なのか、上流へ向かっていくことのなんと辛い事よ。

谷川俊太郎

「生きているということ」

生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木もれ陽がまぶしいということ

ふっと惑るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと

生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして

かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ

生きているということ

いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ

いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ

いま生きているということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ

人は愛するということ

あなたのてのぬくみ

いのちということ

広告

生きているということ」への2件のフィードバック

  1. 私も身近な人の追悼の場で、この詩に似たことを感じていました。
    生きてる私たちにできること・・・今夜も飲もう

  2. 毎日飲んでるヤマケンですが、飲んでもどうしようもないこともありますよね、そんなときは友達と飲む!おんなじか!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中